准看護師の求人は正看護師と何が違う?

正看護師と准看護師の違いをご紹介!

准看護師の求人は正看護師と何が違う?

看護師は大きく分けて正看護師と准看護師の2つの資格があります。 この2つの資格があることは広く知られていますが、実際、正看護師と准看護師にどのような違いがあるのか、しっかりと把握している方は少ないようですね。そこで、ここでは正看護師と准看護師の違いをご紹介していきたいと思います。

まず、正看護師と准看護師の大きな違いは「資格」の違いです。 看護師というと「国家試験を合格して資格を得るもの」というイメージが強いですよね。しかし、正看護師と准看護師では資格の種類が異なってくるのです。

正看護師の場合は、看護師国家資格に合格することで、厚生労働大臣より国家資格が交付されることになります。 これに対して、准看護師は各都道府県で行われる知事試験に合格した後、都道府県知事より准看護師免許が交付されるという流れとなります。

また、正看護師と准看護師の違いは、お給料や待遇にも現れてきます。 正看護師と准看護師を比較すると、給与も待遇も正看護師の方が優遇される傾向にあります。これは月給だけでなく、初任給やボーナス、各種手当等全般的にみられることで、中には勤務時間や休日・有給の取りやすさにまで差がある病院もあると言われています。

最近は、准看護師求人の待遇改善が進み、従来に比べると給与平均が上っては来ていますが、依然、正看護師との給与差は開いたままとなっています。 加えて、正看護師と准看護師では、キャリアアップの面でも大きな違いがあります。

正看護師の場合は、勤務年数を重ねることで婦長などの役職がつくケースがありますが、准看護師の場合は、役職に就くことはまず不可能です。 つまり、准看護師の方がキャリアアップを志す場合は、まず正看護師資格取得を目指すのが先決、という訳ですね。

このように、准看護師は正看護師と比べて、現場で働く際に苦労する点が多々あります。 しかし、准看護師は正看護師のように正社員としてバリバリ働くだけでなく、パートやアルバイト、非常勤勤務など、様々なスタイルで働くことも可能です。

そのため、結婚後家事に支障が出ない範囲で働きたいといった方には、准看護師が適しているという見方もできます。 看護師不足が叫ばれる今、准看護師の需要は高く、求人数も安定している状態にあります。 より良い職場で准看護師として活躍したい!とお考えの方は、看護師転職サイトなどで情報を集めてみるのも良いでしょう。

看護師転職と地方求人

看護師さんの需要は地方と都会、どちらの方が大きいでしょうか。よく地方には看護師さんが不足しているという話を聞きます。確かに都会は住んでいる人も多いため、病院や看護師の数はその分必要になってくるため、求人数はとても多いです。

そして地方では残念ながら求人はそれほど多くないのが現状です。ですが、看護師さんを求める声がないのかというと、それは少し違います。

これは薬剤師さんの話になりますが、遠くの地域に勤務する事で「離島手当て」という特別手当が支給される例があります。その支給されたお金を元にして、海外に留学するために、一年間遠方で働く薬剤師さんも少なくありません。

同じようなシステムは看護師業界にも存在し、病院によっては長くて半年間離島に応援勤務に行く事で、特別手当に加え、滞在費なども支給されるようです。看護師不足や求人の有り無しに関係なく、看護師さんは地方で求められているということでしょう。

その理由としては、病院が受け取れる「診療報酬」に関係しています。「看護師1:患者7」という形になってから、看護師さんを多く抱えている病院ほど報酬を多くもらえることになったからです。

現在では都会ほどこのような状況が続いていると聞きます。病院によっては、報酬を受け取るためだけに看護師さんを抱えているといった残念な現状も…。

こうなってしまうと、地方の看護師さんもこの看護師争奪戦からは無関係とは行かなくなり、地方では看護師さんが少なくなってしまいます。そのために地方で看護師さんを求める声が大きくなる、…このような悪循環が続いていくというわけです。

都会での意味のない看護し争奪戦によって、都会での看護師求人はどんどん増え、その所為で地方の看護師さんが巻き込まれていく。このような看護師不足にできるだけ巻き込まれないように、看護師さんには転職活動を行っていただけたらと思います。

お給料の高さだけで転職先を判断してしまうと、スタッフ間の人間関係や、業務内容の確認が不足してしまうなど、転職後に「しまった…」ということになりかねません。自分と相性のいい医療施設を探す方法はひとつではありませんので、上手に転職サイトなどを活用していきましょう。

病院の都合で生まれる看護師争奪戦と、自分らしい転職は全く違う問題ですので、意識しないように気をつけてくださいね。

看護師転職の前にしておきたい条件整理

転職先を選択する際、決め手になるポイントはそれぞれではないでしょうか。

例えば家庭の事情もあるでしょうし、自分が働きやすい環境や条件をポイントに置き、転職活動をされると思います。転職した先の人間関係も気になるところでしょう。業務内容や、通勤時間や場所など、考え始めるとなかなか決めきれないこともあるかもしれません。

そのような時は自分の中で一番軸となるポイントを優先していきましょう。 例えばお子さんがいるご家庭のママさん看護師ケースでは、譲れないポイントとしては「定時に帰宅できる職場」という条件になりますよね。

休日や祝日はお休みが欲しい、加えて勤務は定時で、残業がないような職場探しをすることになります。これは何もお子さんがいるご家庭だけではなく、ご家族の介護をされている看護師さんも同様でしょう。

ではまだ未婚の看護師さん、一人暮らしのケースはどうなるかというと、もしも資格取得などスキルアップを考えているのであれば、セミナー参加ができる環境が大切となります。

特にスキルは現状維持のままで、という方の場合が転職を望んでいるときは、給与面が大きいかもしれません。看護師というのは心身ともにハードなお仕事ですから、それに見合った報酬が欲しいと思うのは当然です。

前の職場で人間関係のトラブルが原因で退職したという方のケースでは、転職先のスタッフ間の雰囲気は一番大切にしたいポイントになると思います。

上記は勿論ひとつの例ですが、転職する際に一番大切にしたい条件というのは、人によって異なるということです。勿論給与面での条件は基本となりますが、自分の中にある大切な転職ポイントを落ち着いて考えてみる事が、転職成功の鍵になります。

もしもこのポイントを外してしまうと、転職後に後悔することもあるでしょう。後悔しない転職を行うためにも、まずは転職先を探す前に、自分の大事な条件は何か、ノートに書き出してみるのもオススメですし、周囲の人に聞いてもらうのもいいと思います。自分では気付けなかった、大切なポイントも見えてくるかもしれませんよ。